NPO法人高齢者専用賃貸住宅入居支援センター概要

NPO法人高齢者賃貸住宅入居支援センター
NPO法人高齢者専用賃貸住宅入居支援センター概要 NPO法人高齢者専用賃貸住宅入居支援センター定款 NPO法人高齢者専用賃貸住宅入居支援センター問合せ



特定非営利活動法人 高齢者賃貸住宅入居支援センター 概要

高齢者の住環境の整備に寄与すること

現在、高齢社会の急速な進展に伴い 様々な問題が出始め、また出てくることが 予想されております。

高齢者の住む住宅に関して 平成13年に 「高齢者の居住の安定確保に関する法律」 が施行されました。
急速に増加する高齢者世帯に 安定的に住宅を供給するために、 国・地方公共団体で整備が進められています。
高齢者世帯に住宅を供給するための施策の一つとして 民間の賃貸住宅を有効に活用することも 注目されています。
円滑に高齢者が賃貸住宅に入居できるように 高齢者円滑入居賃貸住宅制度等の制度ができました。


しかし、この制度は まだ一般に広く知れ渡っているとはいえないようです。

家賃を支払う能力があり 地域社会の中で 自立した日常生活を営むことができる高齢者であっても、 高齢者であるという理由だけで 病気や事故等の不安感を抱かれて 賃貸人から入居を拒否されるケースもあるのが現状です。
わたしたちNPO法人「高齢者賃貸住宅入居支援センター」は 民間賃貸住宅に入居を希望する高齢者様に対し、 賃貸借契約時 及び 契約後 のトラブルを防止するために 契約手続きの立ち会い等を行います。
円滑に高齢者が入居できるよう支援を行うと共に、 地方公共団体、社会福祉法人、医療法人、他のNPO との連携を図ります。


高齢者であるという理由のみで賃貸人から入居を拒否される ことのないような仕組みづくりを行います。

わたしたちNPO法人「高齢者賃貸住宅入居支援センター」は 民間賃貸住宅に入居する高齢者の 居住支援のネットワークを確立し、 高齢者の住環境の整備に寄与することを目的とします。

↑ページのTOPへ戻る↑